Scratch(スクラッチ)でキャラクターを動かそう

スクラッチの「作る」ボタンを押すと、猫のキャラクターが出てきます。
キャラクターのことをスプライトと言います。

今日はこのスプライトを、自分の手元にある画像(png形式)に変えて、しゃべるキャラクターを作ってみます。
※著作権の問題があるので、勝手にアニメのキャラクターなどでアップしないようにしましょう。ご自分で作るか、フリー素材を探してみてください。

スプライトを追加

右下の動物マークからスプライトをアップロードします。

オスカーITアカデミーのマスコットキャラ、ワラビーくんをアップロードしました。
大きく表示したかったので、サイズを600×600px(ピクセル)にしましたが、
通常だと200×200pxくらいで十分です。

背景を描こう

背景タブをクリックし、□ボタンをドラッグして好きな色で塗りつぶします。
空の色にしてみました。

筆を選んで雲を描きます。
背景が完成しました。

スプライトを追加して、文字を表示する

文字を表示するため、スプライトを追加しましょう。


スプライトを追加で「描く」を選択します。


Tを選んで好きな文字を書きます。
「Follow Me !」と書きました。

スクリプト(コード)

(初期設定)
スプライトを表示
   ↓
大きさを30%にする
   ↓
スプライトをスタート位置に置く

(命令)
   ↓
3回繰り返す(LOOP)
   
   大きさを30アップ
       ↓
   「ワラビーだよ。よろしくね!」と言って2秒待つ

   ↓

ループを抜け文字を表示する(最後に作ったスプライトにコスチュームをチェンジ

完成

ループ(繰り返し)は、プログラミングで非常によく使われるfor文の考え方です。
慣れるために、条件を変えるなどして遊んでみましょう。

ワラビーくん
ワラビーくん

自分でいろいろ触ってみることが上達の秘訣だよ!
がんばってみてね♪

あ、ぼくのTwitterアカウントができたから、よかったらフォローしてみて!

こちらから↓フォローできます


  

コメント